• 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
2010年09月24日 (金) | 編集 |

きたのじゅんこさんの
「エンジェルレッスン」という本に、
ついていた塗り絵です。
髪と顔を仕上げた段階で、まだ仕上がっていません(>_<)

以前、この絵を、
和アートで使っている紙にトレースして、
パステルと色鉛筆で塗ってみたことがあります。

その時は、色鉛筆を削ってパウダリングしなくても、
パステルでやった方が早いと思って、
色鉛筆+パステルで描きました。

今回は、きたのじゅんこさんのように、
水彩色鉛筆だけで描くと、どんな感じなのだろう?と思って、
水彩色鉛筆のみで、紙も本についていたものを使いました♪

色鉛筆を削って粉にするのは、はじめは大変でしたが、
慣れると、少し早くやれるようになりました。
そうやって作った粉を使うパウダリングは、
パステルを使うのとほとんど同じ感覚でした。

色鉛筆を使うと、面で描いていくパステルと違って、
色鉛筆の線が気になるんじゃないか?とずっと思っていたのですが、
水彩色鉛筆で描いた線をティッシュでこすると、
かなりぼかすことができて、
線はほとんど気になりませんでした。
パステルでは難しい、細い部分が描けるのはとても魅力的です♪

紙の横から見ると光沢があり、
同じような表現ができても、やっぱり色鉛筆であり、
パステルとは違うものなのだな・・・と思いました(^-^;

でも、前回描いた和アートで使っている紙では、
横から見ても光沢は感じられないので、
紙によって違うのかもしれません。

きたのじゅんこさんの幻想的な絵が大好きで、
「エンジェルレッスン」を本屋さんで見つけた時に、
迷わずすぐに買ったものの、
ものすごく難しく思えて、一枚も描くことができませんでした。

その後、和アートと出合って、
パステルで絵を描くことができるようになり、
少しずつ、自分の中にあるものを、
絵として表現できるようになってきました。

やっと憧れのきたのじゅんこさんのような絵も、
なんとか描けるようになってきたんだな~って、
今日は、ちょっとうれしかったです(*^O^*)
スポンサーサイト


2010年09月06日 (月) | 編集 |


去年10月の福岡1Dayスクーリングで、
細谷代表が教えられた絵です☆
そのスクーリングで学ばれた方から、
5月に教えていただきました♪

とても時間のかかる絵で、
2時間でこの一枚しか描けませんでした(>_<)
でも、それだけ時間をかけただけあって、
飾っていると、目をひく、素敵な作品に仕上がっています。